NFCという技術をご存じでしょうか。スピーディな近距離無線通信で、活用次第で大きく業務を効率化できるため、業務や日常を円滑にするシステムとして導入する動きが盛んです。私たちの暮らしのどこにNFCが入っているか、NFCを使うメリットとは何なのかなど、NFCの基本的な知識を紹介していきます。

NFCって何?

NFCとはNear Field Communicationの略で、近距離無線通信技術と訳されます。NFCを使えば端末の間10cmくらいの距離で無線通信ができます。例を挙げると、NFC機能搭載の機器にほぼワンタッチでペアリングできたり、携帯電話に搭載された「おサイフケータイ」のように、対応端末をかざすだけでデータ通信ができ、電子マネーで決済が可能です。

NFCの機能、メリット

NFCには大きく分けて3つの機能があります。

カードエミュレーション機能

まず1つ目は、カードエミュレーション機能です。カードエミュレーション機能によってNFC搭載端末はICカードの代わりとして使うことができます。

リーダ・ライター機能

2つ目は、リーダ・ライター機能です。NFC端末は専用のタグ(後述)などから情報を読み取ることができ、またタグに書き込むことができます。

端末間通信機能

3つ目は端末間通信機能です。NFC機能を搭載した端末同士で通信を行えます。
例えば、NFCを搭載したスマートフォンとパソコンの間で、アドレス帳の情報をやり取りすることができます。その他、スマートフォン内のデータをテレビに表示させる、スマートフォン内の文書をプリンタで印刷するなど、機器同士で情報のやり取りが可能。
NFCを活用するメリットとは、かざすだけで良いお手軽さ、それとさまざまな機器に搭載して柔軟な運用ができることが挙げられます。さらに、通信距離は10cmほどと短いため、セキュリティ面で安心できる点もメリットです。

NFCの導入事例

NFCを使うことでさらに効率的にビジネスが可能です。実際にNFCが導入された事例にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

おサイフケータイ

日本ではおなじみのおサイフケータイサービスですがこれはNFC技術の”カードエミュレーション機能”によって支えられています。携帯端末がICカードやタグの代わりを果たすので、電子マネーやクレジットカード、交通系ICカードの代わりに使うことが可能です。

スマートプレート(スマートポスター)

リーダー・ライター機能はクーポンの配信などに使われています。宅配ピザ大手のピザ・ハットも2017年2月から一部店舗でNFCを使ったサービスを開始しています。このサービスはあらかじめ配布されるスマートプレートをスマートフォンで読み取れば、注文をスムーズに行えるというものです。また、大塚家具の一部店舗でスマートプレートが貼り付けられた商品を読み込むと、商品のホームページが表示されるようになっています。

このほか駅の交通案内などに使われる、”スマートポスター”もNFCのリーダー・ライター機能が支えているのです。

機器の認証

端末間通信モードは機器の通信を手軽に行う機能です。身近な例を挙げると、Bluetooth機器の認証ではないでしょうか。以前は”PINコード”などのナンバーを打ち込んで機器をペアリングするのがメジャーでしたが、NFCの端末間通信を利用することで機器と機器を近づけるだけで手軽にペアリングの設定ができるようになりました。Bluetoothイヤホン、キーボード、スピーカーなどがその例です。

 

NFCで最適化を

このようにNFCを使えば従来のサービスを最適化して、より簡便にすることができます。企業への導入以外では、美術館やコンサートでアーティストの情報に手早くアクセスできるようにした例もあります。また、毎日行う決まった動作をNFCタグに書き込んで、生活の中の手間を省いている利用者もいます。NFCは私たちの社会で今後ますます使われていくことでしょう。仕事の効率化を図りたい方は検討してみてはいかがでしょうか。

FeliCa / NFC について

株式会社Samuraiでは、FeliCa / NFCを始めとする非接触無線技術を使ったソリューションを展開したい企業様に向けてコンサルティングサービスを提供しています。詳しい内容を知りたいお客様はぜひお問い合わせください。