そもそもNFC決済とは何か

NFCとは「Near Field Communication(近距離無線通信)」の略称です。ICチップをスマートフォンやクレジットカードに内蔵することで、非接触で決済ができるNFC決済システム が近年盛んになっております。

日本で利用されているNFC決済には次のようなものがあります。

  • クレジットカードのタッチ決済
  • Apple Pay、Google Payなどのおサイフケータイ
  • Suica、PASMOなどの交通系ICカード

上記のように、日本でも幅広いシーンで利用されている決済方法です。

なお、NFCの提供可能な機能については、コラム「現代に欠かせない技術!NFCって何者?」でご紹介しておりますので、ご覧ください。

NFC決済の仕組みとは?

NFC決済は次のような方法で行われます。

  • あらかじめ残高をチャージして、残高内の金額の決済を行う方法
  • クレジットカードの情報を紐付けして決済を行う方法

SuicaやPASMOなどのICカードの場合には、専用の機械であらかじめ残高をチャージしておく必要があります。決済時にチャージした金額から利用金額が差し引かれます。

スマートフォンに内蔵されているおサイフケータイなどでは、クレジットカードの情報を紐付けすることでNFC決済の利用が可能です。決済時にクレジットカードの利用分として反映されます。

NFC決済の使い方

NFC決済の使い方は非常に簡単です。 NFC対応の端末に、スマートフォンやカードをかざすだけで決済できます。

Apple Payやおサイフケータイの場合でもアプリを立ち上げる必要はなく、NFC対応の端末とスマートフォンが通信したら決済される仕組みとなっており、スムーズな決済が可能です。

また、株式会社SamuraiではNFCやキャッシュレス、QRコードを利用したシステム開発のご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

日本で人気がある規格とは?NFC決済の種類

NFC決済には、次のような種類があります。

  • TypeA
  • TypeB
  • Felica(TypeF)

このうち、日本で多く使われているのはFelicaです。

それぞれのNFC決済サービスの特徴について、詳しく確認していきましょう。

Felica

Felicaはソニーが開発した通信規格です。「iD」や「nanaco」などの電子マネーや「Suica」等の交通系ICカード、飛行機の搭乗券、おサイフケータイなど幅広い場面で利用されています。

通信速度が非常に早いのが特徴で、約0.1秒で決済が完了します。また、決済にかかる通信は全て暗号化されているため、安全性も高いです。

日本国内での流通も多く、電子決済の過半数以上を占めています。

なお、NFCとFeliCaの詳しい違いについては、こちらのコラム「FeliCaとNFCの違いって何?規格と技術の比較」でご紹介しておりますので、ご覧ください。

TypeA

NFC決済のTypeAはオランダで開発された通信規格です。生産コストが安いのが特徴で、世界で最も流通している通信規格になります。

日本ではTaspo(タバコ専用の自動販売機)に利用されています。

TypeB

TypeBはアメリカで開発された通信規格です。他のNFC決済の通信規格よりもセキュリティ性能が高いことが特徴です。そのため、日本ではマイナンバーカードや運転免許証、パスポートなどの本人確認が必要なものに利用されています。

また、通信処理も早いため世界各国で使用されている通信規格です。

海外で広がるNFC Pay

NFC決済は、海外では急速に普及しています。

一般社団法人キャッシュレス推進協議会の調査によると、2017年時点での世界のキャッシュレス普及状況は次の通りです。

国名普及率
韓国97.7%
中国70.2%
カナダ62.1%
オーストラリア59.9%
イギリス56.1%
シンガポール53.3%
スウェーデン47.4%
フランス42.7%
日本21.4%

日本に比べて、世界のキャッシュレス化は非常に進んでいるようです。その中でもNFC決済を利用したタッチ決済は利便性が高く各国で使用されつつあります。国際ブランドのVISAでは、Visaタッチ決済を導入し、現在では200カ国以上で利用できるようになりました。

その結果、 世界各国のVisaの対面決済のうち、43%以上はVisaのタッチ決済が利用されるようになりました。

特に、オーストラリア、ニュージーランド、スペイン、シンガポール、ロシアなどではVisaの対面決済に占めるタッチ決済の割合は90%を超えるなど、積極的に利用されています。イギリス、オランダ、台湾などでも、同比率は60%を超えています。

さらに、オーストラリアでは、スーパーマーケット、レストラン、ファストフード店など普段の生活に関わるお店でのタッチ決済の普及率が90%以上と非常に高い水準でNFC決済が利用されています。

また、アジアでは韓国のキャッシュレス普及率が抜群に高いです。韓国では、NFC決済を使用したICカードである「T-money」が利用されており、タッチ決済が一般的になっています。

今後の世界各国では、飲食店や小売店だけでなく、交通機関等でも普及されることが予想されています。将来は世の中の全ての決済がタッチ決済で完結できるようになるかもしれません。

日本におけるNFC決済の現状

日本ではキャッシュレス決済の普及が世界に比べて遅れている状況ではありますが、タッチ決済は急速に普及していました。VISAの調査によると、2020年の段階で日本のコンビニでのVisaのタッチ決済導入店舗は70%以上になったとのことです。

また、大手チェーン店でもVisaのタッチ決済を導入するお店も増えています。

一例ですが、大手チェーン店では以下のお店がタッチ決済に対応しています。

  • イオン
  • マクドナルド
  • ゼンショーグループ(すき家、はま寿司など)
  • タリーズ
  • 餃子の王将
  • イトーヨーカドー
  • 郵便局
  • 東急ハンズ
  • ラオックス

2020年のVisaのタッチ決済が利用できる加盟店の数は前年比で3.2倍となっているようで、タッチ決済が急速に普及しています。

また 日本で主に使われている国際ブランドの「JCB」でも「JCBコンタクトレス」というタッチ決済が利用できるようになりました。

JCBコンタクトレスは、イオン銀行やジャックス、楽天銀行発行のカードで使えるようになり、順次拡大していく予定です。また、JCBコンタクレス対応の加盟店も、大手チェーン店をはじめ、一部の空港にまで広がっています。

今後日本でNFC決済は普及していくのか

今後の日本のNFC決済の普及状況はどうなるのでしょうか?

日本では、2020年3月に改正割賦販売法の観点から、決済におけるセキュリティ対策が進みました。クレジットカード加盟店のIC対応が完了し、2020年3月以降に発行されるカードがNFC決済に対応するものとなりました。 今後のクレジットカードは全てNFC決済機能付きになる見込みです。

さらに、Visaは外国でのVisaタッチ決済の普及率から、 外国人が日本に観光に来た際の決済方法としてNFC決済を導入することをカード発行会社に求めています。

外国のNFC決済普及が進んでいる動きを受けて国内の大手チェーン店でもVisaのタッチ決済を導入しようとする動きが出ています。

外国人観光客を受け入れるためにはタッチ決済を急速に進める必要があるため、今後も様々な店舗で増えていくと予想されます。

日本では、公共交通機関の運賃の支払いにNFC決済を利用しています。Suicaなどの交通系ICカードがその例ですが、諸外国のようにクレジットカードのタッチ決済がより多くの店舗で利用できるようになる日もそう遠くないのかもしれません。

NFCシステムを開発導入するには

NFC決済について、世界の状況をふくめご説明をいたしました。今後もより普及は進むかと思いますのでご検討してみてはいかがでしょうか?

なお、NFC決済システムをはじめ、NFCを活用したシステムの導入を行うには、開発が伴います。Samuraiでは、豊富な導入実績がありますので、初めて導入を検討する事業者様にも、現状やニーズに合わせた適切なアドバイスをすることが可能です。

また、大手企業様からも低コストでの実証実験など様々なご相談を頂いており、NFCの扱いについては一日の長があると自負をしております。

様々なカスタマイズや機能連携しての導入も可能です。もちろんセキュリティ対策も万全ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

NFCコンサルティングサービス