NFCとはそもそも何?カンタン解説

「NFC」とは「Near Field Communication」の略称で、日本語では「近距離無線通信」と訳されます。
簡単にいえば「端末をかざすだけで通信ができる技術」で、0~10cm程度の通信距離の短い無線通信技術をさします。

NFCの機能は小さなチップ(IC)で提供されます。
カードやスマートフォンなどのの端末にNFCチップが搭載されていれば、短波HF帯(13.56MHz)を利用して、近くにある対応した機器とワイヤレスで通信ができます。

ただし、NFCの通信速度は最大で424kbps(毎秒424キロビット)と、あまり速くありません。
ですので、動画などの大容量のデータを送信するのには向きません。
NFCは文字情報の送信や認証、周辺機器とのペアリングなど、小さなデータのやりとりでその効果を発揮します。

なお、NFC自体の詳しい内容は、下記コラムにて解説しております。

NFCでは何ができるの?交通ICカードはNFCの機能のひとつです

NFCが活用されているわかりやすい例として、交通系のICカードや電子マネーがあります。
駅の改札にICカードをかざすことで自動的にお金が引き落とされたり、NFCが搭載されたカードやスマートフォンを決済機器にかざすだけで支払いができる技術、ここにNFCが活用されています。

NFCには、次のような機能があります。

カード・エミュレーション機能

NFCが搭載されたカードや端末などをかざすことで支払いができる仕組みです。

認証機能

NFCを使用することで、パスワードを使わずに本人を認証することができます。
また、スマートフォンと周辺機器にNFCが搭載されていれば、パスワードの入力なしでペアリングすることができます。

スマートフォン同士で通信

NFCが搭載されたスマートフォンであれば、Wi-fiやBluetoothがなくても簡単にデータ転送を行えます。

NFCの規格には、「TypeA」「TypeB」「FeliCa」など、いくつかの規格があります。
「TypeA」「TypeB」は主に海外で使われており、日本でも「TypeA」はtaspo(タスポ)、「TypeB」は運転免許証やパスポートなどで利用されています。

その中でも、日本でもっとも普及しているのが「FeliCa」です。

「FeliCa(フェリカ)」とは、ソニーが開発した非接触型IC技術で、NFCの規格のひとつです。
通信技術は「TypeF」に準拠し、ほかの規格より処理速度が速く、セキュリティー面に優れているという特徴があり、日本で主流となりました。

FeliCaが世界ではじめて採用されたのは香港でした。1997年、香港を走るMTR(地下鉄)の乗車時に利用できる「オクトパスカード」で、世界で初めてFeliCaを導入したICカードが使用されました。

日本では2001年、「Suica」「Edy」に導入されたのが最初です。
その機能の高さからほかの事業者もFeliCaを採用するようになり、現在では日本で使われている電子マネーのシステムやICカードの大半で、FeliCaの技術が搭載されています。

FeliCaを導入すれば、次のようなことが可能になります。

接触させることなく情報処理ができる

電子マネーなどのICカードをかざすだけで使用できるのは、FeliCaによるものです。

処理速度が速い

FeliCaはNFCのほかの規格と比べて処理が速く、わずか0.1秒で読み取りが完了します。
これにより、交通系のICカードが一瞬で改札を通過することが可能となりました。
もともとNFCは処理速度が遅く、読み取りに数秒かかってしまうため、交通系のICカードには向いていないとされていました。
それがFeliCaの登場で交通系のICカードにも使用が可能になりました。

複数の情報を持つことができる

FeliCaは、ひとつのチップに複数の情報を持たせることができます。
例えば、交通系ICカード、社員証や学生証、会員券などをひとつのチップに搭載すれば、複数のカードを持つ必要がなくなります。

カード以外にも搭載が可能

カードだけでなく、スマートフォンや腕時計型の端末など、さまざまなものに搭載することができます。

電子マネーやICカードに使用されているNFCですが、スマートフォンにも対応しています。
iPhoneには「Apple Pay」という機能があり、iPhoneをNFCリーダー機器として専用の機器をかざすと決済ができます。

Apple Payはアプリをダウンロードする必要はなく、「Wallet」にクレジットカードを登録するだけで使えます。
また、Apple PayをモバイルSuicaと連携させれば、通勤・通学の決済がiPhoneでできるようになります。

Android端末には、前述したFeliCaが搭載されています。
これにより、Android端末では「おサイフケータイ」「Android Beam」が利用できます。

「おサイフケータイ」は、スマートフォンとクレジットカードを連携することで、スマートフォンで決済ができ、電子マネーやポイント、クーポンなどの管理も行えます。

「Android Beam」は、FeliCaが搭載されたAndroid端末でデータを簡単に送受信することができます。
インターネットの環境がない場合や相手の連絡先を知らなくても利用でき、たいへん便利な機能です。

NFCがブラウザ上で読み取れるようになった?ChromeのWebNFCを紹介!

Googleは、2021年3月にデスクトップ版Chromeブラウザの「Chrome 89」をリリースしました。このリリースでは、ほかの様々な機能とともに「WebNFC」が実装されました。

WebNFCは、JavaScriptでNFCタグにデータを読み書きできるAPIで、「Chrome 81 beta」から実験的に実装されていました。

この実装により、これまではアプリをダウンロードする必要があったNFCの機能が、今後はwebサイト上で活用できるようになると期待されています。

ブラウザ上でNFCが使えるとどんなメリットがあるの?

たとえば、お店の在庫管理をする場合、WebNFCを使用して在庫管理サイトを構築し、在庫のNFCタグにデータを読み書きすることで、在庫管理を効率化することができます。

テレビやエアコンなどの電源をオン/オフしたり、スマートフォンをWi-Fiに接続するなどといった機能をあらかじめ登録しておけば、NECタグにスマホをかざすことで登録した機能を利用できるようになります。

これらは、今までは専用アプリのインストールが必要で少し手間のかかるものでしたが、WebNFCが広がる事で、インストールの手間がかからずにNFC機能を利用できる可能性があります。


WebNFCは実装されたばかりの段階ですが、これから実用化されることにより、より多くのことを自動化し、業務を効率化していくのに役立つと期待されています。

WebNFCを試してみるにはどうしたら良い?

今後はさまざまなブラウザで実装されることが予想されますが、現状ではAndroid端末かつブラウザはChrome(89.0.4389.72~)に限定されます。また、必要なNFCタグや、読み書きができるエディタ環境が必要となるでしょう。

現状ではかなり限定された環境でしか動作が出来ませんが、対応が広がれば活用できるシーンが増えていくことが予想されます。

今では我々の生活の身近なところで活用されているNFC。今後はIoT(Intertnet of Things:さまざまな物がインターネットに接続され、相互に制御する仕組み)がさらに発展することが予想され、その中でNFCはさらに幅広い分野で使われることになるでしょう。
WebNFCにより、さらに可能性が広がっていくことが期待されています。

NFCを活用したシステムの開発には

NFCをブラウザを利用して読み込む方法について、ご説明させて頂きました。

なお、NFCを利用したシステムの構築には、構築に精通した業者に依頼するのをお勧めいたします。

Samuraiでは、システムの構想段階からの相談が可能で、ご要望に合わせた提案も可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

株式会社Samuraiお問い合わせフォーム