月謝の集金方法は?銀行振込や手渡し、キャッシュレスも

複数人でプレゼントを購入する際や、サークルの会費を集める際、お金のやり取りを面倒に感じた経験のある方は多いのではないでしょうか。それが事業的な規模になれば、より頭を悩ませる機会が増えるでしょう。

個人でレッスンを提供している方や事務の経営者など、効率的に月謝を集金するためにはどのような方法があるでしょうか。規模が小さければ、口座振込や手渡しで問題ありませんが、事業の拡大を考えている方は、オンラインを利用した集金システムの導入を検討してみましょう。

月謝の集金方法は、クレジットカード決済やキャリア決済、モバイル決済など、様々な種類があります。キャッシュレス化が進む現代、月謝の集金もデジタルの恩恵を受けられるようになりました。便利なシステムを利用し、円滑な運営を実現しましょう。

オンライン集金のシステムを詳しく解説!

オンライン集金とは、具体的にどのようなシステムでしょうか。その名の通り、オンライン上でお金を集めるシステムです。現金でやり取りする場合と比べ、記録が残るため、スムーズで安全な集金が可能です。

個人間では割り勘の清算や謝礼の支払い、法人規模ではサービスの月謝を集金する際に便利です。デジタルの技術が進み、オンライン上で簡単にお金のやり取りができる時代になりました。オンライン集金を導入することで、不要なトラブルを避け、運営に専念できます。

LINE Pay やPayPay!オンラインの集金アプリをご紹介!

複数人でオンライン集金を行う場合、便利に利用できるスマートフォンアプリがあります。LINE PayやPayPayといったQRコード決済は、アプリ内でお金のやり取りが可能です。

LINE Pay、PayPayにはそれぞれ割り勘機能があります。現金と異なり、小銭を取り出すような煩わしさがなく、アプリで金額を入力するだけで送金できます。QRコード決済を日常的に利用している人であれば、新しくアプリを入れる必要がありません。

特にLINE Payであれば、LINEのアプリ内で利用できます。メッセージアプリであるLINEは、多くの人が日常的に利用していることでしょう。LINE Payは、LINEに登録している友達に簡単に送金できるため、非常に便利です。

また、事業規模で月謝の集金をしたい場合は、専用のオンライン集金システムの導入がおすすめです。例えば、WorksPayは事前審査不要ですぐに導入できるキャッシュレス決済に対応した集金サービスです。

個人・法人問わず利用できるため、イベントやオンラインサロンなど、幅広い用途で利用できます。多くの決済手段に対応しているため、売上の機会損失を防げます。

オンライン集金のメリットとデメリットを押さえましょう

オンライン集金にはメリットとデメリットが存在します。オンライン集金は、従来の集金方法と比べ、デジタルならではの利便性が備わっています。まずはメリットを見てみましょう。

オンライン集金のメリット1:支払いを簡略化できる

オンライン集金を行う際、サービスの提供者と会員が直接会う必要がないため、スマートフォンやパソコンを使って簡単に支払いが完了します。

また、サブスクリプションサービスなど、毎月の支払い金額が決まっている場合は、自動支払いの設定が可能です。あらかじめ支払い方法や金額を設定しておくことで、毎月決まったタイミングに自動で支払いが完了します。

毎月対面で現金を用意したり、その都度クレジットカードや銀行口座の情報を入力したりといった手間がかからず便利でしょう。オンライン集金は、お金を支払う側からすると、支払いを簡略化できる点がメリットです。

オンライン集金のメリット2:集金状況を一括管理できる

集金する側にとっても、オンライン集金はメリットがあります。システムで会員を一括管理できるため、支払い状況をすぐに確認できます。

サービスの規模が大きければ大きいほど、会員からの集金をアナログで行うのは大変です。支払いの記録漏れなど、人的なミスが起こるかもしれません。

集金をオンラインで行うことで、そのようなミスを防ぎ、効率的な運営を行うことができます。月謝の支払いが行われていない会員に連絡したり、どの会員がどれくらいの期間サービスを利用しているか確認したりと、データをサービスの運営に活用できます。

以上、メリットを解説しました。

オンライン集金は、専用のシステムを利用した集金方法ですが、便利な一方で独自のデメリットも存在します。あらかじめ把握しておき、オンライン集金の特徴を正しく理解しておきましょう。

オンライン集金のデメリット1:情報漏洩のリスクがある

オンライン集金では、システムのデータをオンライン上で管理するため、セキュリティが脆弱だと情報漏洩が起こるリスクがあります。

一度情報漏洩が起こってしまうと、サービスは信用を失い、会員が離れてしまうでしょう。会員の個人情報を取り扱う際は、気を付けなければなりません。

また、誤って消去してしまったデータは復元できない可能性があるため、情報の取り扱いには十分注意しましょう。

オンライン集金のデメリット2:初期費用・手数料が発生する

オンライン集金システムを利用する場合、初期費用や手数料が発生する場合があります。システムの種類によって料金は変わりますが、費用の負担が必要な点は頭に入れておきましょう。

サービスの規模に対して、費用をかけて導入する価値があるかどうか、複数のシステムを比較するのがおすすめです。オンライン集金システムには、一定期間無料で利用できるサービスもあるため、上手く活用して料金に見合った効果があるか試してみてもいいでしょう。

オンライン集金を導入する前に注意点をチェック!

オンライン集金を導入する前に、注意点をよく確認しておきましょう。事前に把握しておくことで、システムとのミスマッチを防げます。どのようなポイントがあるかチェックし、自分に合ったシステムを選びましょう。

決済手数料が発生する場合がある

オンライン集金システムは、決済手段によって手数料が発生する場合があります。クレジットカードなどのキャッシュレス決済は、事業の種類ごとに手数料率が異なる場合があるため、導入前に必ず確認しましょう。

1回の手数料はそれほど高くなくても、会員の数が増え、事業規模が拡大するにつれ、大きく積み上がってきます。手数料は売上に直結するため、システムを比較する際、注目すべきポイントといえるでしょう。

ターゲット層に合わせてシステムを選ぶ

提供するサービスがどのような層をターゲットにしているかによって、導入すべきオンライン集金システムが異なってきます。年齢によって利用率が高い決済手段は異なるため、ターゲット層に適した集金システムを選びましょう。

10代など若い層をターゲットにしている場合、クレジットカードを持っていない人が多いため、キャリア決済に対応したシステムが適しているでしょう。反対に会員に高齢者が多ければ、口座振込やコンビニ払いに馴染みがあるかもしれません。

また、外国人をターゲットにしている場合、海外で普及しているPayPalでの支払いに対応したサービスを選ぶなど、様々なアプローチが考えられます。

オンライン集金システムに強いシステム会社とは

オンライン集金システムについて解説いたしました。手軽な集金手段は、ビジネスを行う上で重要な要素です。

なお、集金システムを構築上で、細かな要望に対応できるシステムの構築は不可欠です。もし、既存のシステムでは難しい内容であっても、相談にのれますので集金システムの構築について、お気軽にご相談ください。

株式会社Samuraiお問い合わせフォーム