会員管理システムとは?会員の情報やサイトを管理するシステムのことです

会員管理システムとは、その名の通り、自社サービスの会員を管理するためのシステムです。会員をきちんと管理することで、1人ひとりと友好な関係を築き、満足いくサービスを提供できます。上手く活用すると、商品やサービスの売上に大きく貢献できるでしょう。

会員管理システムの代わりにExcelが利用される場合がありますが、大量のデータを扱うと不可がかかり、更新に時間がかかったりファイルを開けなくなったりと、トラブルを招きかねません。簡単なデータ管理であればExcelで充分ですが、今後自社の商品やサービスを展開させていくのであれば、専用の会員管理システムを導入しましょう。

会員管理システムは、顧客管理システム、CRM(Customer Relationship Management)と呼ばれることもあります。

会員管理システムではどんなことができる?基本的な機能をご紹介

具体的に会員管理システムを使って、どのようなことができるのか紹介します。大きなものとしては、主に次のような機能があります。

・データベース機能
・メール配信機能
・問い合わせ機能

会員管理システムによって一部違いはありますが、Excelと比べて専門的な機能が多く備わっています。それぞれの機能について、詳しくみてみましょう。

データベース機能

会員の情報をまとめて管理できます。氏名・年齢・性別といった基本情報に加え、いつ何を利用したのか、どれくらいの金額を利用したのかといった、購入履歴などが蓄積されていきます。

集まったデータを元に会員ごとの好みを分析し、適切にアプローチすることが可能です。データベースの情報が増えれば増えるほど、新しい商品やサービスを提供するための効果的な戦略を練れるでしょう。

メール配信機能

会員をセグメントに分け、メール配信する機能です。従来は会員全員に対し、同様のメールを一斉に配信する方法が一般的でした。しかし、データベース機能と組み合わせることで、会員ごとに異なったメールを配信できます。

会員が興味のあるジャンルに絞って営業メールを送ることで、効果的なプロモーションが期待できます。また、メールの開封率を確認できるため、配信方法について比較検討が可能です。

問い合わせ機能

会員ごとの問い合わせ内容を記録、管理できます。自社のサポートセンターを用意している場合、寄せられた意見をまとめることで問題を可視化し、サービスの向上に役立てられます。

問い合わせ漏れを防ぐことに繋がり、トラブルを避ける効果もあるでしょう。多い意見に対してはマニュアルを用意したり、サイトにFAQを設置したりと、適切な対応を取れます。

会員管理システムの導入メリットについて解説!

会員管理システムの導入メリットは、次のようなものがあります。

・会員情報を可視化できる
・効率的なマーケティングができる
・データを元に戦略を練れる

それぞれのメリットについて解説します。

会員情報を可視化できる

会員情報を可視化することで、自社の中で簡単にデータを共有できます。問い合わせがあった際、会員の情報や利用履歴を確認できるため、迅速に対応できます。

また、営業担当が代わったとしても、会員情報が可視化されていることでスムーズな引き継ぎが行えます。

効率的なマーケティングができる

従来のシステムでは、不特定多数の会員に対し画一的なアプローチしかできませんでした。一方、会員管理システムでは、蓄積されたデータから効率的なアクションを起こせます。

配信するメール内容を会員ごとに変更するなど、高度なマーケティングができるでしょう。

データを元に戦略を練れる

データを元に会員のニーズを把握し、商品開発やサービスのブラッシュアップを行えます。会員が何に満足し、何に不満を持っているかを分析し、適切な戦略を練れるでしょう。

年齢や性別ごとに、どのような反応があるか確認できるため、活用方法は多岐に渡ります。

会員管理システムの選ぶポイントを押さえましょう!

会員管理システムは数多くあるため、どれを選べばいいか迷ってしまう企業が多いでしょう。会員管理システムを選ぶ際のポイントをいくつか紹介します。

機能で選ぶ

自社に会員管理システムを導入することで、具体的にどのような効果を期待しているか確認しましょう。ビジョンが明確になっていれば、必要な機能がわかります。

会員の管理方法はシステムによって異なるため、どのような機能が備わっているか事前に比較しましょう。

料金で選ぶ

会員管理システムの導入には、費用が発生します。特にクラウド型のシステムであれば、どのような料金体系になっているかが重要です。

システムによっては、初期費用がかからない場合がありますが、機能が充実していない可能性があります。不安であれば、無料期間が設定されているシステムを選んで試してみるのもいいでしょう。

おすすめの会員管理システム7選!

よく検討される会員管理システムを挙げていきます。

シクミネット

シクミネットは、クラウド型の会員管理システムです。基本情報に加えて、自社ごとの管理項目をプラスすることができます。

会員管理、決済、イベント運営管理の3つの機能を連動させ、事務作業の効率化が可能です。また、会員情報と決済情報を紐づけて管理できます。

Miit+(ミータス)

Miit+(ミータス)は、無料の会員管理システムです。初期費用がかからないため、スタートアップ事業や会員管理システムの導入が初めての企業に向いているでしょう。

ファンクラブやOB・OG会など、ビジネス以外のシーンで利用されることまで想定されているため、使いやすさが追及されています。

会費ペイ

会費ペイは、入会手続きから集金、入金確認までを自動化できるシステムです。請求情報を毎月自動で作成する機能があるため、定額サービスなどと相性がいいでしょう。

会費ペイは、クラウド会計ソフト「freee」、入退室管理システム「Akerun」との連携が可能です。

SPIRAL

SPIRALは、官公庁などに導入実績がある、プラットフォーム構築に強い会員管理システムです。600以上の様々な機能が備わっています。

数百万規模の応募が短期間に発生するプロジェクトなどにも対応できます。大規模なサービスを扱っている場合は、利用を検討してみましょう。

Mark ONE

Mark ONEは、会員制サイト構築、登録フォーム作成、高速一括メール配信といった機能が利用できる会員管理システムです。プログラミングを使わずに、短期間で会員制サイトを構築できます。

既存システムとの連携など、柔軟な対応が可能です。

MOSH

MOSHは、スマートフォンを利用して予約受付、事務決済、顧客管理の機能を利用できるシステムです。スマートフォンで完結するため、パソコンが苦手な方でも利用できます。

Zoomとの連携でミーティングURLの自動作成ができるため、オンラインサロンの運営に向いています。サイトを制作するノウハウを持っていなくても、感覚的に利用できるシステムです。

月額パンダ

月額パンダは、クレジットカードや口座振替を利用した自動集金システムです。会員ごとに毎月の支払い状況を管理できるため、月額制のサービスと相性がいいでしょう。

書類不要でWebのみで手続きが完了するため、すぐに会員管理システムを導入したい企業におすすめです。

独自の会員管理システム開発を構築するには

会員管理システムの導入に、既存の会員管理システムを活用するのは良い方法ですが、自社にあったツールを選定し、カスタマイズした上で導入するのは大変です。また、既存の会員管理システムの欠点として、導入する場合は自社の業務フローや組織をシステムに合わせて改変する必要があります。

そうでないと、ツール側をカスタマイズする費用が高くついてしまい、結局フルカスタマイズするのと同じかそれ以上の費用が発生してしまいます。

一つの解決策として、自社の業務要件を確認したうえで、あらたにフルスクラッチで開発するという方法があります。

フルスクラッチ開発とは、前章で紹介したような予めパッケージとなっているシステムなどの既存のソフトウェアを使うのではなく、真っ新な状態から独自にシステムを構築する手法のことです。

フルスクラッチ開発をすることで、自社の要件に完璧にマッチした会員管理システムを構築することが可能になる一方で、パッケージシステムに比べてコストは高く、開発期間は長くなってしまいがちです。

株式会社Samuraiは、そのようなフルスクラッチ開発であっても、自社のパッケージを活用し最小限の工数で独自のシステムを構築することが可能です。

フルスクラッチ開発とパッケージシステムの良いところどりのような開発手法で会員管理システムの開発が可能ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

また、Samuraiでは、サービスの企画段階から相談に乗ることが可能ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

株式会社Samuraiお問い合わせフォーム