Apple社が自社端末に搭載している電子決済システムのApple Pay(アップルペイ)。NFC搭載の端末で非接触決済が可能、そのセキュリティの高さから次世代の決済システムとして注目され、利用も拡大しています。Apple Payのしくみから、店舗が導入するメリットを考えていきましょう。

Apple Payって何だ?

Apple Payは、Apple製の端末に搭載された電子決済システムのことをいいます。クレジットカードや交通系ICカードであるSuicaカード、ポイントカードなどの情報を読み込んで保存し、決済の時に利用する電子財布のようなものです。日本では、iPhone7、Apple Watch Series2以降の端末でNFC規格の通信機能に対応し、おサイフケータイのように、レジの読み取り端末にかざすだけで支払ができるようになりました。

クレジットカード会社のセキュリティや、決済時のポイント付与のサービスも受けられるので、利用者にとってメリットは大きいでしょう。Suicaに関しては、Suicaアプリケーションとの連携で、オートチャージや乗車券の購入もでき、より利便性を感じられるものとなっています。

どこで使える?

Apple Payは実店舗およびネットストアで支払いに利用できます。

実店舗

NFC通信に対応した端末では、Suica加盟店、iD加盟店、QUICPay加盟店で非接触決済が可能です。コンビニ各社やビッグカメラ、ヨドバシカメラなどの家電量販店も使用が可能です。

Apple Payにカードを登録した場合、SuicaはSuicaとして、クレジットカードは、そのカードによりiDもしくはQUICPayとして登録されます。したがって、支払時には「Suicaで」「iDで」とのように、利用者が登録カードの種類を指定しなければなりません。店舗側では、Apple Payへ対応するために、Suica、iD、QUICPayの各決済端末を設置する必要があります。

Apple Payは、日本国内で普及してきたおサイフケータイとは異なり、システム自体は世界基準のNFC規格が採用されているという点が特徴です。現状日本ではType-F(FeliCa)方式のためカード発行国内での使用に限定されていましたが、iOS11と対応カードにより、同カードを使ったType-A/B方式による決済も実現しつつあり、国を超えたシームレスな利用環境が近づいています。

ネットストア

Apple Payの決済に対応しているネットストアでは、端末のNFC搭載に関わらず支払いが利用できます。Apple Payに読み込んだカード情報を使って簡単に決済ができます。各サイトにクレジットカード情報を入力する必要はありません。ブラウザやSafari上だけでなく、アプリ内でのオンライン決済にも対応しています。

セキュリティと簡単な操作性が集客に結び付く?

Apple Payはほかの決済システムと比較して、セキュリティや操作性が高いことから、今後の決済の主流となるポテンシャルを有しています。そのため、Apple Payの導入が集客に直結することは想像に難くありません。

Apple Payの優れたセキュリティメリット

Apple Payでは、端末内にカード情報を保管するにあたり、カード番号そのものは保管しません。カード会社が発行した固有の番号を、端末内のセキュア・エレメント内に保存するようになっており、Apple のサーバーや端末のバックアップデータにカード情報が保存されることはありません。これは、購入履歴についても同様です。

また、磁気カードと異なりカードのスキミングはできないうえ、端末が紛失や盗難にあっても、カード番号が流出するリスクがないことが大きなメリットです。支払いに利用する際には、所有者本人の指紋認証が必要なため、盗難されても本人以外の電子マネーの利用はできませんし、オンラインでApple Payの支払情報を端末から削除できるようにもなっています。

このようにApple Payは、実カードよりもはるかに安全性が高く、不正利用ができませんので、安心な買い物につながります。

操作性の高さ

Apple Pay決済サービスの利用を始めるには、カード情報をカメラで撮影して読み込むだけです。あとは指紋認証のため、Touch IDのボタンに指を載せ、決済端末にかざすだけで支払が完了します。Apple Payには複数のクレジットカード等を登録できますが、そのうち任意の1枚をエクスプレスカード設定し、おサイフケータイのように端末をかざすだけで決済ができるようにすることも可能。操作性も大変すぐれたものとなっています。

Apple Payユーザーに対応していこう

このように、Apple Payには、日本で普及してきた非接触決済をさらに安全に、簡単に利用できる仕組みが整っています。これからの時代の店舗運営には、Apple Pay対応の決済システムの導入が不可欠となってくるのは必然の流れですので、早めの対応が望まれます。