アジャイル開発とは?システムやソフトウェアの開発手法の1つです

アジャイル開発とは、当社でも採用しているシステムやソフトウェアの開発手法の1つです。エンジニアであれば必須の知識といえるでしょう。

アジャイル開発は、小さな単位で細かく工程を区切って実装していく開発手法です。一般的なシステム開発とは異なり、機能ごとに分割して、企画から開発、リリースを繰り返し実施します。アジャイルの具体的な進め方については、後ほど詳しく解説します。

アジャイルは、英語で「素早い」「俊敏」といった意味です。アジャイル開発はその名の通り、他の開発手法と比べて必要な期間が短縮できます。そのため、新しいシステムを開発する際など、スピード感が求められる分野ではアジャイル開発が便利です。

また、近年のWebサービスやアプリ開発の現場では、ユーザーの動向にあわせ速やかな機能のリリースが求められます。サービスの立ち上げ時期などで、機能の変更や追加が予想される場合や、最新技術を取り入れている場合など、アジャイル開発が効果的な場面は多くあります。開発手法には向き不向きがあるため、特徴を把握し、最適な手法を選びましょう。

アジャイル開発の手法は?スクラムについてご紹介

アジャイル開発には、いくつかの手法が存在します。代表的な手法は、次の3つです。

・スクラム
・ユーザー機能駆動開発
・エクストリームプログラミング

それぞれの手法の特徴について、詳しくみてみましょう。

スクラム

スクラムは、アジャイル開発で最も一般的な手法です。チームのメンバー内で計画を立て、短期間(長くても2週間)で計画からテストまでを反復するため、連携やコミュニケーションが重視されます。

スクラムは、臨機応変に機能を変更できる特徴があります。進捗状況をメンバー内で共有する必要があるため、少人数での開発に適した手法といえるでしょう。

ユーザー機能駆動開発

ユーザー機能駆動開発は、優先順位が高い機能から、分割して実装する手法です。クライアントとのコミュニケーションが重要なことから、大規模な案件に多い手法です。

事前にクライアントが実装してほしい機能をリストアップするため、全体のビジネスモデルが確認しやすいという特徴があります。

エクストリームプログラミング

エクストリームプログラミングは、あらかじめ立てた計画を遵守するのではなく、より柔軟に開発を進める手法です。

最初の段階で企画内容を決定するのが難しい場合、開発を進めながら臨機応変に対応する必要があります。エクストリームプログラミングは、そのような場面に向いている手法といえるでしょう。

また、技術面が重視されるため、他の開発手法と比べてプログラマーを中心に進みます。

アジャイル開発の進め方を解説!

アジャイル開発は、どのような工程を実施するのでしょうか。アジャイル開発の流れは、大まかに次の2つがあります。

1.リリース計画
2.イテレーション

リリース計画を決めた後で、イテレーションを行います。それぞれの詳細について解説します。

リリース計画

リリース計画は、システム開発の計画を決める工程で、他の開発手法でも行います。ただ、アジャイル開発では念入りな会議が行われることは少なく、厳密な内容は決めずに開発が進みます。

リリース計画の段階では大まかな内容だけ決めて、開発を進める中で変更していく場合が多いです。そのため、臨機応変に修正できるのがアジャイル開発の特徴です。

イテレーション

イテレーションは、次のような工程を反復する段階です。

1.計画
2.設計
3.実装
4.テスト

以上のサイクルを繰り返し行い、その都度リリースします。細かく区切られた機能ごとにイテレーションを行い、少しずつシステムの完成を目指すのがアジャイル開発です。

工程が区切られているため、開発途中で新しい技術が登場する場合、臨機応変に取り入れられます。イテレーションのサイクルは1週間から2週間ごとに行うのが一般的です。

アジャイル開発とウォーターフォール開発の違いを理解しましょう!

アジャイル開発が浸透する以前は、ウォーターフォール開発という開発手法が主流でした。アジャイル開発とウォーターフォール開発には、どのような違いがあるのでしょうか。

2つの開発手法は、開発手順、設計の具体性、メンバーの役割分担など、様々な面で大きな違いがあります。アジャイル開発が機能ごとに企画からリリースまでを反復して実施するのに対し、ウォーターフォール開発では、企画からリリースまでを順番に進めます。

また、ウォーターフォール開発では企画や設計の段階で具体的に内容を決定し、それに基づき開発を進めていきます。その際、メンバーの役割分担がはっきりわかれている場合が多いです。

一方、アジャイル開発ではチームで開発を進めるのが一般的です。1人が複数の業務を状況に応じて臨機応変に担当するため、効率的に開発できます。

それぞれ向き不向きがあるため、一概にどちらが優れているとは言えません。また、アジャイル開発とウォーターフォール開発を途中で切り替える、ハイブリッド開発も可能です。

アジャイル開発のメリットとデメリットをチェック!

アジャイル開発のメリットとデメリットを紹介します。特徴を把握し、適切な開発手法を選びましょう。

アジャイル開発のメリット

アジャイル開発は、短期間で企画からテストまでの工程を繰り返すため、機能の変更や修正が行いやすい特徴があります。工程が細かく区切られているため、万が一不具合が発生した際に戻る工程が少なくてすむ点は、大きなメリットといえるでしょう。

また、チームでのコミュニケーションが重視されるアジャイル開発では、クライアントからのフィードバックを確認しながらシステムに反映させることができます。

アジャイル開発のデメリット

アジャイル開発は、計画段階で細かいことを決定しないため、全体像が見えにくいというデメリットがあります。また、機能の変更や修正を繰り返すうちに、開発の方向性やコンセプトがずれてしまう可能性があります。

アジャイル開発は機能の変更や修正が行いやすい一方、あらかじめ実装する内容が決まっていて、追加で機能を導入する予定がない場合、メリットはほとんどありません。

アジャイル開発は具体的な計画を立てないため、スケジュールや進捗状況の管理が難しいという特徴は忘れないようにしましょう。

アジャイル開発で使われるツール

当社でも利用している、アジャイル開発でよく利用されるプロジェクト管理ツールやコミュニケーションツールを紹介します。

JIRA

JIRAは、プロジェクトの進捗状況を確認できる「ロードマップ」が作成できるツールです。プロジェクトの工程を可視化させることで全体像が把握しやすくなり、スケジュール管理に役立ちます。

後ほど紹介するコミュニケーションツール「Slack」と連携が可能で、タスクの確認や情報の共有がスムーズに行えます。

Redmine

Redmineは、プロジェクトのタスクやスケジュールを管理できる、便利なツールです。オープンソースのソフトウェアなので、誰でも無料で利用できます。サポートを有料で提供しているクラウド版もあります。

Redmineでは、タスクを「チケット」という単位で管理でき、ガントチャートやカレンダーといった形式で表示できます。

Slack

Slackは、幅広いビジネスの場で用いられるコミュニケーションツールです。チャット形式でメッセージをやり取りできるため、大量のメールを送り合う必要がありません。パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットなど、複数のデバイスから利用できます。

外部のアプリやソフトウェアと連携できるため、状況に応じて効率的な使い方を選択できます。

Chatwork

ChatworkはSlack同様、ビジネス用のチャットコミュニケーションツールです。日本発祥のサービスで、国内の人気が高いです。

Chatworkはチャットだけでなく、タスク管理機能があります。タスクは期限を設定でき、完了されていないタスクはすぐに確認できます。シンプルでわかりやすいデザインなため、ITに慣れていない方も使いやすいと言えるでしょう。

アジャイル開発に強いシステム会社とは

アジャイル開発について解説いたしました。アジャイル開発は、日々改善をしながらの開発が求められる現場にピッタリの手法です。新規ビジネスの立ち上げや、Webやアプリの開発など、アジャイル開発が活躍するシーンはたくさんあります。

なお、アジャイル開発を効率的に行うには、開発マネジメント能力が必要です。Samuraiでは、アジャイル開発をベースとした開発に長けております。

新規ビジネスの立ち上げから相談が可能なため、まだ草案の段階であっても気軽にご相談ください。

株式会社Samuraiお問い合わせフォーム