キャッシュレス消費者還元事業などの追い風を受け、日本国内におけるキャッシュレス決済市場の拡大や、ユーザー数のさらなる増加が見込まれます

こうした背景から、店舗事業者にとってキャッシュレス決済ユーザーを取り込むことの重要性が高まっています。そして、最近ではキャッシュレス決済を導入することにより実現できる「事前決済」が、店舗事業者・消費者双方にメリットがあるとして注目を集めています。

そこで本コラムでは、キャッシュレス決済ユーザー取り込みへのヒントの1つとして、特に消費者目線から事前決済のメリットについて解説します。

「事前決済」とは?

事前決済とは、店舗において商品やサービスが提供される前にキャッシュレスで支払いを済ませる仕組みを指します。飲食店を例に挙げると、Webサイトを通じて予約を行う際、クレジットカードなどによる決済を同時に行うことで、店頭での決済は不要になります。

こうした特徴から、インバウンドの急増や「ノーショー」と呼ばれる飲食店の無断キャンセルが問題化したことなどを背景に、注目を集めています。さらに最近では、スマートフォンやタブレットなどモバイル端末からキャッシュレスで事前決済できる店舗やサービスも登場しており、その利便性はますます高まりつつあります

たとえば、カカクコムは2019年11月より、事前決済によるテイクアウト専用アプリ「食べログ テイクアウト」を提供開始しました。モバイル端末の位置情報を活用して現在地周辺のテイクアウト可能な飲食店をピックアップし、注文と事前決済を行うことができるサービスです。

また、2019年12月にはスターバックス コーヒー ジャパンが「Mobile Order&Pay(モバイルオーダー&ペイ)」という事前決済アプリをリリースしています。こちらも、モバイル端末にダウンロードしたアプリから、ドリンクの注文と事前決済を行うことができます。

消費者目線からみた「事前決済」3つのメリット

そしてここからは、店舗事業者が事前決済を導入することにより、消費者が感じられるメリットを3つに分類して紹介していきます。

メリット1:会計の列に並ばなくて良い

たとえば人気のある飲食店では、ランチの時間帯など混雑時、会計待ちの列が常態化していることも少なくありません。そして、こうした列に並ぶことにストレスを感じる消費者も数多くいます

一方で予約時などに事前決済を行っておくことで、消費者は店舗において支払いをする必要はありません。そのため、会計のためにレジに並ぶこともなく、混雑している時間帯でもストレスを感じることなく、スムーズに店舗から出ることができます

メリット2:手持ちの現金を心配しなくて良い

消費者が「買い物をしたい」「美容室に行きたい」「食事をしたい」と思い立ったとしても、店舗が現金決済以外に対応していない場合には、手持ちの現金を考慮する必要が出てきます

一方、事前決済の場合、たとえばスマートフォン上から、あらかじめ登録したクレジットカードやデビットカードなどを使って決済できます。そのため手持ちの現金が不足していたとしても、好きなタイミングで欲しいものを購入したり、サービスを受けたりすることができます

メリット3:計画的にお金を使うことができる

現金であってもクレジットであっても、店舗で決済する場合には、いわゆる「衝動買い」のように、本来の目的とは異なる商品やサービスを購入してしまうことがあります。結果として、購入後に後悔を感じるケースも…

一方、事前決済であれば、商品やサービスの購入前に支払いを済ませることになります。そのため、店舗での決済と比べて計画的にお金を使うことができ、無駄な出費を抑制することができます

事前決済の導入で来店客・リピーター増を目指す

ここまで挙げた3つのメリット以外にも、事前決済によって消費者は様々な恩恵を受けることができます。

たとえば、訪日外国人にとっての利便性向上も、その1つです。海外には日本と比べてキャッシュレス決済の普及が進んでいる国も多く、事前決済に慣れている人も少なくありません。こうした訪日外国人にとって、キャッシュレス決済が可能で、かつ会計時の現金のやりとりが少なくて済む事前決済を導入している店舗は、高い利用価値を持つでしょう。

また、ポイントカードを発行している店舗の場合、消費者が事前決済を利用することにより、クレジットカードの還元ポイントと店舗独自のポイントの双方を獲得できるというメリットもあります。

一方で、事前決済にはデメリットも存在します。キャッシュレス決済が急激に普及しつつあるとはいえ、まだ利用するに至っていない消費者も少なくありません。そして事前決済の導入は、こうしたキャッシュレス決済を利用していない消費者には価値がありません

ただ、こうしたデメリットを鑑みても、本コラムで紹介したような消費者目線でのメリットを魅力に感じるユーザーを取り込むことができるという点で、事前決済は店舗にとっても導入するメリットが大きいと言えるでしょう。

さらに、事前決済はその導入を契機に、新しくサブスクリプション型サービスを展開したり、事前決済者のみに特典を提供したりといったように、新しい顧客体験を創出できる可能性があります

そして、株式会社Samuraiでは、クーポン・ポイントカード機能や店舗検索機能のほか、キャッシュレス決済機能や事前決済機能なども備えたアプリ型システムとして「Samurai Order」をご用意しています。

今回ご紹介した事前決済のメリットや、それによる来店客・リピーター客の獲得に興味をお持ちの方は、ぜひ一度お問い合わせください。